【新商品!】ドラセナ・ジェレの育て方

今回は当店の新商品・ドラセナ・ジェレについて詳しくご紹介していきます。
ドラセナ・ジェレは幸福の木の仲間で、珍しい品種です。
ドラセナの仲間は『幸福』の花言葉をもつので縁起の良い植物とされており、
当店の観葉植物の中でも大変人気です。

『幸福の木』ドラセナとは?

ドラセナの種類は約50種類といわれており、毎年ドラセナの種類も増え続けています。
まず代表的な以下の3種類のドラセナについてご紹介します。

ドラセナ・マッサンゲアナ

ドラセナの中でもっとも有名なのが、「ドラセナ・マッサンゲアナ」です。
「ドラセナ・マッサンゲアーナ」や「マッサンゲアナ」とも呼ばれている大変人気の高い種類です。
いわゆる「幸福の木」として販売されているものの多くが、このドラセナ・マッサンゲアナです。
当店のギフトとしても大変人気で、移転祝い、開店祝い、開業祝い、開院祝いや新築祝いによくお贈りされています。

ドラセナ・コンシンネ

ドラセナ・コンシンネは、ドラセナの代表的な種類の1つです。
いくつか園芸品種があり、総称としてコンシンネ、またはマジナータと呼ばれます。
真実さ」という花言葉をもち、別名「真実の木」とも呼ばれています。
葉は細長く、剣のように尖った形をしているのが特徴で、縁に赤いラインが入っています。
新築祝いや開店祝いなどお祝いごとのプレゼントとして人気があります。

ドラセナ・レモンライム(ワーネッキー)

ドラセナ・レモンライムの樹形はドラセナ・ジェレとよく似ていますが、
色はレモンライムワーネッキーの方が少し鮮やかです。
基本的に乾燥に強くて植物を育てるのが苦手という方にもおすすめの観葉植物です。
飾った場所を明るい雰囲気にしてくれるので多くの方に選ばれています。

幸福の木の由来

幸福の木は、ハワイの代表樹で別名で「ハワイアン・ティー」とも呼ばれ「幸福を呼ぶ木」という意味もあるそうです。
また、「家の前にドラセナを置いておくと良いことがある」というハワイの言い伝えからこの名前がついたそうです。
こうしたことからも、贈り物にも最適な観葉植物と言えます。

ドラセナ・ジェレとは?

ドラセナ・ジェレとはどんな植物?

今回ご紹介する当店の新商品、ドラセナ・ジェレとは、正式名称は、ドラセナ・ステウドネリ・ジェレという名前が付いております。
”青年の木”ユッカ”幸福の木”でお馴染みのマッサンゲアナを掛け合わせてできた植物です。
見た目は竹のように見える美しい幹と真ん中に薄い黄緑のラインが入った艶やか葉が魅力的な観葉植物にとして知られています。
そのため、非常に縁起の良い観葉植物であるうえに、おしゃれでスタイリッシュな外観から、国内でもインテリアとしてや贈り物としても大変人気です。
マッサンゲアナに比べると耐寒性に強いことから室内で育てるにあたって初心者の方でも比較的簡単に育てることができる植物となっています。
また、水はあまり吸わないため給水頻度も少なく、水やりを忘れがちな人には好まれやすい植物だと思います。
ホームセンターなどではまだまだ取り扱いが少なく、見る機会が少ないかもしれませんので、
ご購入はお手軽な簡単なネットショッピングがおすすめです。

ネットショップのオススメはこちら

 

ドラセナ・ジェレは観葉植物初心者の方でも育てやすいことから、御祝のプレゼントにもおすすめです。

ドラセナ・ジェレの原産地

ドラセナ・ジェレは、熱帯アジアを原産地とするリュウゼツラン科ドラセナ属の観葉植物であり、耐暑性は強く耐寒性はやや強い植物です。
かけあわせた大元のマッサンゲアナもユッカもそれぞれ剛健で、お手入れしやすい品種であり、実際にこちらのドラセナ・ジェレも同様に初心者でも育てやすく人気があります。
早速育て方について解説していきます。

ドラセナ・ジェレの育て方

ドラセナ・ジェレが好む置き場所

・室内の場合
直射日光の当たらない半日蔭の環境がおすすめです。
ある程度の日陰でも育つ植物ですが、あまりに日に当てないと葉が弱くなってしまいます。
逆に直射日光を当てすぎると、葉焼けの原因となるので注意が必要です。

・屋外の場合
屋外で育てられる時期は春から秋ごろ中旬までです。
ドラセナジェレは寒さに対して耐寒性はやや強いですが、気温が低い時期は室内に移動してあげることがポイントです。
屋外の場合も同様に、直射日光ですぐ葉焼けを起こしてしまうのでできるだけ日陰に置いてあげることをおすすめします。

ドラセナ・ジェレを元気に育てる水やり方法

ドラセナは乾燥に強い植物です。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。
土のうえから給水し、鉢底から染み出した水は溜めておかず必ず流してあげましょう。
冬はあまり水を必要としないので、乾燥気味にしてください。
乾ききっていない状態で水やりをしてしまうと、空気が吸えず根腐れの状態になるので気をつけましょう。
根腐れの症状は幹が柔らかくなり付いている葉っぱが茶色く変色し、最終的には枯れてしまいます。
ドラセナジェレはどちらかというと根腐れしやすい植物ですので、乾いたらあげて受皿の水は必ず流してあげることを徹底してあげましょう。
水の管理をきちんと行えば、病気も防ぐことができ健康な株に育ちます。

ドラセナ・ジェレの植え替えのやり方

ドラセナ・ジェレは管理の仕方が上手いと生育が旺盛なので、2年も経つと鉢が根でいっぱいになります。
鉢に根が回ると土中の酸素が不足してしまうことから根腐れする可能性も出てきますし、葉の色が悪くなってしまうことがあります。
そのようなことにならないためにも、時期が来たら前よりも一回りほど大きな鉢に植え替えを実施しましょう。
植え替えは5月~9月頃の生長期に実施するのがポイントです。
植え替えは以下の方法で行います。
1.ひと回り大きな植木鉢に鉢底ネットを敷く
2.ゴロ土を鉢底が見えなくなる程度まで入れる
3.観葉植物の土を鉢に対して3分の1程度入れる
4.ドラセナ・ジェレを元の植木鉢からゆっくりと丁寧に引き抜く
5.根が張っている場合は、根鉢を少し崩す(張っていない場合はそのままでOK)
6.新しい鉢に植え付け、土を入れていく(移植ごてや指を使って隙間を埋めていくように)
7.水をたっぷり与える
一週間程度は強い風の当たらない明るい日陰で管理しましょう

ドラセナ・ジェレの肥料の与え方

肥料を与える場合は5~8月の生長期に化成の置き肥を与えましょう。
量は多すぎると肥料やけしまうので袋に記載している量を守りましょう。
肥料選びの基準としては葉っぱの艶を出す窒素と根に栄養を与えるカリがあるものを与えます。
置き肥を2ヶ月に1回程度のペースで与えるのがおすすめです。
また、ドラセナ・ジェレの生育がゆっくりになる冬場に肥料を与えると肥料焼けを起こすことがありますので冬場は与えないようにしてください。

病害虫:ワタムシ

ドラセナ・ジェレの病害虫で、代表的なものはワタムシです。
ワタムシはかなり繁殖能力の高い害虫です。
はじめは白いゴミがついているかなと思いますが、それを放置し続けると新芽がワタムシに蝕まれ真っ白になってしまいます。
こちらは植物が枯れてしまうほか、絨毯や床にも付着してしまい汚れてしまうこともあるので見つけたら早急に対処が必要です。

害虫トラブルの対処法について

ワタムシについてご説明しましたが、実際にワタムシを見つけたときの対処法についてご説明します。
・水で流す
外のシャワーで葉や幹、鉢など全体的に洗い流します。
大量についている場合は重点的に洗い流しましょう。
・タオルで葉の水滴をふき取る
ハダニやワタムシが付着していたら残らないようにきれいにふき取りましょう。
置いてあった床や壁、鉢にもついている可能性があるので注意してふき取ります。
・薬剤を吹きかける
ホームセンター等に売っている『オルチオン』や『マシンオイル』などワタムシ駆除の薬剤を全体的に吹きかけます。
一回では全滅しきれない可能性がありますので、薬は何日か継続して行いましょう。
高温多湿な環境にドラセナ・ジェレを置くことは避け、病気の発生を防ぎましょう。

その他気を付けたい注意点

エアコンに注意!

エアコンが直接当たる場所は危険!
エアコンの空調が直接当たる場所では過度な乾燥により植物が枯れてしまいます。
エアコンを作動する時期には配置を移動してあげるなどして直接当たることを避けてあげましょう。

冬のお世話は注意が必要!

大変丈夫で初心者でも育てやすいことでも知られているドラセナ・ジェレですが、耐寒性は5℃以上となっています。
ドラセナ・ジェレを屋外で育てる場合は、外の気温が5℃を下回ってきたら室内に取り込んであげるようにしましょう。
ただし、先ほどご説明した通り暖房やエアコンの風が直接当たるような場所にドラセナ・ジェレを置いてしまうのはNGです。
暖房やエアコンの風が原因で弱ってしまいますので、必ずエアコンなどの風が直接当たらない場所で管理するようにしてください。

風水や花言葉

風水

ドラセナ・ジェレは、陽の気を持つ観葉植物です。
玄関に飾ることで悪い気や災いから家を守ってくれたり、リビングに飾ることで室内を明るい気で満たしてくれたりする効果が期待できます。
気の停滞を防いでくれるといわれ、東・南東・南・南西に置くのがおすすめです。

花言葉

ドラセナ・ジェレの花言葉は、幸福の木と同じく「幸福」です。
また、幸福の木と同様にドラセナ・ジェレにも「幸せな恋」・「永遠の愛」・「隠し切れない幸せ」といった花言葉もつけられています。
この花言葉からもわかるように非常に縁起の良い観葉植物であり、風水上での開運効果があるとされており、開店祝いや開業祝い、移転祝いなどといた企業間での贈り物としても非常におすすめです。
流通量が少ないことからギフトとして贈る際も他社とかぶりにくいので先方にも喜ばれることでしょう。
風水上でも効果が期待できるので、自宅のインテリアにも最適です。

お部屋の配置

ドラセナジェレは樹形が細身であり横に広がらない樹形であるため、比較的どこにでも置きやすいとです。
また葉っぱも細長く色合いも濃い緑色なのでクール系やシンプルな色合いのお部屋にマッチすると思います。
癖もないのでお誕生日祝いにもおすすめです。

こんな時どうする?Q&A

ドラセナ・ジェレについてよくあるご質問のうち2つをご紹介します。

花が咲いた場合そのままにしても大丈夫?

結論から言いますとドラセナ・ジェレに咲いた花をそのままにしておくのはNGです。
なぜなら、咲いた花をそのままにしておくと、ドラセナ・ジェレ自体の養分が花に吸収されてしまい株が弱ってしまうためです。
ドラセナ・ジェレに花が咲いた場合は、花が咲いている茎の根元から園芸用のハサミでカットしましょう。
カットしたお花は花瓶に活けて飾っておくと、素敵なインテリアにもなるのでおすすめです。

葉が黄色くなった場合はどうしたらいい?

ドラセナ・ジェレの葉が黄色くなった場合、直射日光による葉焼けや寒さなどが原因として考えられます。
葉が黄色くなってしまったの場合の対処法は、黄色い部分は園芸用のハサミでカットし、新芽が出てくるのを待ちましょう。
ドラセナは基本的にどこでカットしても大丈夫ですので、豪快にカットして新しい芽が出てくるのを待ちます。
すでに新芽が出ている場合は、その部分は残しておいてください。
剪定後の植物はデリケートです。そのため、いつもより日当たりが良い場所に置いたり、窓を開けて風を当てたりすると回復が早くなります。
ドラセナ・ジェレの葉の変色を防ぐには、葉焼けや寒さを予防することが最も重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ドラセナ・ジェレはまだまだ一般には普及していませんが、室内では比較的水やりの頻度も少なく、ポイントを押えれば育てやすく、管理方法も比較的簡単な観葉植物です。
さらに「幸福」という素敵な花言葉を持ち、風水的にも縁起が良い観葉植物ということがおわかりいただけたでしょうか。
室内のインテリアにも、御祝のプレゼントにも大変おすすめのドラセナ・ジェレ。
ぜひドラセナ・ジェレを育ててみてはいかがでしょうか。